JDKT 熱収縮端末処理材


概要:

  • JDKTは電力ケーブル(600V以上)全般に使用されるサーモフィット熱収縮端末処理材料の共通製品略です。
  • JDKTはおもに絶縁保護チューブ、ストレスコントロールチューブ(6600V以上)および防水分岐間(3心ケーブル用)から成る材料を用いた熱収縮工法です。

用途:

  • 屋内型、屋外型および耐塩害型(重塵埃汚損地域を含む)等いかなる環境条件下でも使用できます。

特長:

  • 塩害地域に使用できる材料を使用しています。
  • 単一簡易型で、レジン等を使用しないドライタイプの工法です。
  • 仕上がりがコンパクトで、周辺設備の縮小化につながり経済的です。
  • 作業が簡単で、施工時間が短縮できるので経済的です。
  • 軽量で、搬入や取り扱いが楽になります。

 

※ 端末処理性能値についてはこちらをご覧ください。

 


※PDFファイルをご覧になるには、「Adobe Acrobat Reader」が必要です。